贅沢なシーフードの代表は牡蠣(かき)

シーフードを食べることが少なくなってきているからこそ、それを食べることには贅沢さを感じます。今は豚肉や牛肉や鶏肉などを食べる機会のほうがずっと多くなっていますので、だからこそシーフードには希少価値があるといえます。鮭や秋刀魚や鯵などはシーフードの中でもまだ一般的ですが、それとはまた一味違う牡蠣(かき)を食べると贅沢さを感じずにはいられないです。

牡蠣(かき)は苦手な人もいますので、誰もが大好きなシーフードというわけではもしかしたらないのかもしれません。ですが私にとってはかなりのご馳走であり、食べるときはテンションがとても高くなります。生で牡蠣(かき)を食べるのももちろんおいしいのかもしれませんが、私の場合はやはりカキフライが定番で好きです。

自宅で揚げ物をすることはないので、カキフライを食べるときは必然的に外食です。普通の定食屋だとなかなかカキフライは扱っていなかったりするのですが、それでも期間限定で旬のシーズンになると特別に牡蠣(かき)を仕入れるのか食べられるようになったりします。

そうなるとたまにしか食べられない珍しさも手伝って、必ずと言って良いほど私はカキフライを注文します。大粒の牡蠣(かき)がたくさん並べられたカキフライに、ソースをかけて食べるのはかなりの贅沢です。カキフライともなれば価格もかなり高くなってしまいますが、それでもそのときばかりはお金のことを考えず食べます。普段はあまり食べないからこそ常に久しぶりで食べるというおいしさがあり、そのおいしさはシーフードの中でもピカイチだと私は思っています。

揚げたてのカキフライは牡蠣(かき)の旨味と衣のサクサク感が絶妙にマッチしており、なおかつ独特の味わいが口の中に広がってとてもおいしいです。そんなおいしいカキフライは定食で食べるととても満足した気持ちになりますので、食べた後はすごく幸せな気持ちになります。

定食よりももう少し安く食べたいのなら、スーパーで売られている惣菜を買うという手段もあります。惣菜の場合はさすがに揚げたてというわけにはいきませんが、なるべく加工したばかりの物を選んでいけばそれなりにおいしく味わうことが可能になります。スーパーの場合は割引セールなどもしていますから金銭面でお得ですし、そういうところがスーパーの惣菜としてカキフライを買うことの良さです。ですので、これからも贅沢なシーフードとして牡蠣(かき)を食べていきたいです。