美味しい牡蠣を通販を使って産地から直送

日本は四方を海に囲まれ、海の幸に恵まれた島国です。牡蠣は、数ある海産物の中でも、とびきりの風味と味わいを持つ優等生。種類も産地も様々です。牡蠣の種類によって旬も異なるので、種類を気にしなければ一年を通して楽しむことも可能です。

真牡蠣の旬は冬ですが、岩牡蠣は夏が旬です。通販のネット販売を利用すれば、日本全国の各産地から一年を通して注文できるので牡蠣好きにはたまりません。牡蠣には独特なニオイと味があるので子供の頃は好きになれませんでした。しかし、あるきっかけを境に「牡蠣大好き人間」に大変貌!その日の事は、今でも忘れられません。会社の飲み会に足を運んだ時のことです。

大きなお皿に並べられた生牡蠣が、テーブルの中央に運ばれてきました。場慣れした先輩が牡蠣を一つ自分のお皿にのせ、レモンを絞ってタバスコを数的その中にたらします。牡蠣の殻の先端が細くなった方を唇につけると、牡蠣の身がスルリと彼女の口の中へ入っていきました。その動作が大人びていて素敵。私にできるかどうか不安でしたが、真似しながら試してみました。

牡蠣の身が私の口の中に入ったとたん、そんな不安は吹き飛んでしまいます。濃厚なのにクセのない味わい。弾力のある食感が口全体に広がってきます。生まれて初めて「牡蠣は美味しい!」と知った瞬間です。子供の頃は、そのクサミのため好きになれなかった牡蠣が、こんなに味わい深い食べ物とは夢にも思いませんでした。テーブルの上に置かれたワイングラスを手にし、白ワインを口にすると、その相性はピッタリ!最高の味わいです。その日以来、牡蠣を考えるだけで夢見心地。もう20年も前の出来事です。

当時は通販が今ほど一般的ではなく、本当に美味しい海産物を味わうには現地へ足を運ぶか、「超」のつくほど高価な高級レストランへ行くしかありません。どちらにしても20代の私には手の届かない存在です。その点、今では産直品を通販で注文することができるので本当に便利。中には、冷凍せずに生の状態を保ちながら発送してくれる通販もあります。牡蠣は味が良いばかりではなく、栄養的にも優れた食品です。「海のミルク」と呼ばれているように数多くの栄養素を含むまさに完全食品。豊富なアミノ酸やビタミンをはじめ、鉄分・亜鉛などのミネラルなど、その種類の多さは驚くばかりです。

レモンなど酸味をそえて食することが多い理由は、単に舌触りを良くするばかりではありません。牡蠣に含まれた栄養を効果的に摂取するのに有効だからです。生食は味わいも格別で、栄養素を摂取するにも効果的な食べ方ですが、食中毒という問題もありますので注意も必要。牡蠣の食中毒の原因「ノロウイルス」は、加熱処理で死滅します。生食用と加熱用の表示を確認して、安全に美味しい牡蠣を楽しみたいと思います。美味しい各地の牡蠣を届けてくれる通販は食いしん坊の私にとって有難い福音です。一年を通し産直通販から目が離せません。