満足できる牡蠣は通販で取り寄せたものですね

私は好物は何かと問われたら、迷うことなく「牡蠣!」と答えます。牡蠣というものは不思議なもので、生で食べても焼いて食べても、そしてフライで食べても美味しいんですよね。そうそう、鍋にしても絶品です。いわば、牡蠣は食べ物のオールラウンダーというわけです。

しかし、私が初めて牡蠣に目覚めたのは大学生時代です。それまでは牡蠣の良さをあまり知らなかったのですが、東北出身の友人が地元から持ってきたという牡蠣を食べさせてくれたのです。すると、こんなにも甘みのある食べ物だったのかと思い知らされたのです。

さらにその友人が牡蠣フライも美味しいということで、家に呼んで食べさせてくれたのです。するとこれがまた美味しい。何よりも、粒が大きいんですよね。それでいて大味ではなく、旨味と甘みがギュッと詰まっているわけです。あれは本当に不思議でしたね。

それ以来、私は牡蠣という食べ物にハマってしまいました。しかし、都内ではそれほどまでの牡蠣に出会うことが出来ないんですよね。残念ながら、やはり至高の素材というものは現地へ行くしか食せないわけです。

もっとも、そんなに頻繁に行くことも出来ません。そこで役立つのが、通販なのです。通販はその地へ行かずとも、新鮮な状態で送ってくれます。私は基本的には、海産物は通販で購入をすることにしています。その方が旅費も浮きますし、自宅へ届けてくれるので非常に楽なんですよね。

さっそく、私は友人のおすすめのお店から、通販で牡蠣を取り寄せることにしました。価格はそれなりでしたが、美味しさを知っているので躊躇することもありません。そして到着した牡蠣を、自分だけで食べるのはと思い両親にもお裾分けしたのです。すると両親も「何だこの牡蠣は!美味い!」と大絶賛です。両親も牡蠣に対してはそれほど思い入れが無かったようなので、私と同じく不意を食らったような感じになったのでしょうね。こんな美味い牡蠣は初めて食べた、この牡蠣はどこで買ったのかと質問攻めです。私はその問いに対し、通販で購入したと教えました。すると「最近の通販はレベルが高いんだな」と感心しきりです。私の両親世代の感覚からすると、通販とは粗悪品が来るかもしれないという疑心暗鬼を依然として持ち続けているのでしょうね。その考えを改めさせることが出来たという点でも、この牡蠣の通販は大きく役立ったと言えます。

きっかけは友人のお裾分けでしたが、それ以来、私は牡蠣が大好物になりました。ただし、基本的に私が食べる牡蠣は通販で取り寄せたものだけですね。